東京クールスカルプティングNavi » 【徹底調査】クールスカルプティングとは? » 内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?

皮下脂肪は「皮下」にある脂肪です。皮下は体の中で一番脂肪が貯まりやすい箇所です。腕、お尻、太もも、下腹部などに貯まることで、クッションや寒さ対策という役割を持っています。

女性のほうが、妊娠や出産や授乳の準備のために付きやすいといわれていますが、男性も油断できません。カロリーの過剰摂取や運動不足があれば男女関係なく貯まります。

皮下脂肪が増えると見栄えが悪くなるだけではなく、関節や血管、内臓を圧迫することで負担がかかって健康面に悪影響が出てしまうのです。

内臓脂肪の特徴と原因

内臓脂肪は内臓に付く脂肪で特にお腹にある空洞や腸管に貯まりやすいです。従来、中年男性が付きやすいといわれていました。しかし食べ過ぎで増加するため、近年では性別や年齢関係なく、内臓脂肪が付いている方が多く見受けられるようになりました。

また、内臓脂肪は健康面で注意が必要です。皮下脂肪は生活習慣病に深く関係していることがわかってきたからです。

皮下脂肪と内臓脂肪はどうやって落とす?

皮下脂肪や内臓脂肪を落としたいなら普段の食事を振り返ってみてください。脂肪が貯まるのは暴飲暴食による過剰なカロリー摂取が原因です。人間が生きるには、糖質と脂質というエネルギー源を必要とします。脂質は長期的なエネルギー源として必要ですから無意味ではありません。ただ、消費しないと貯まるだけなのです。

脂肪の原料は血中の中性脂肪です。肉類を多く食べていると含まれている飽和脂肪酸が主体の中性脂肪が作られます。

飲酒なども内臓脂肪が貯まる原因です。食べ過ぎなど暴飲暴食を繰り返しているのに体を動かさずエネルギー消費が少ない状態が続けば脂肪が貯まるのは必然。思い当たることがある人は、食事の見直しをおすすめします。

有酸素運動と無酸素運動をうまく組み合わせる

皮下脂肪も内臓脂肪も予備のエネルギー源です。貯まっているわけですから、使用すれば減ります。脂肪を減らすには「有酸素運動」と「無酸素運動」が有効で、上手に組み合わせれば効率的にダイエットができるのです。

効率的に脂肪を燃焼させるポイントは成長ホルモンです。成長ホルモンは骨や筋肉の発育に重要な成分ですが、脂肪細胞にある「ホルモン感受性リパーゼ」を活性化させて中性脂肪を分解するという説があります。そのため、脂肪を燃焼させるには成長ホルモンを出せばいいのです。

成長ホルモンを出すには、ダンベルや腹筋といった筋肉トレーニング、つまり無酸素運動が有効といわれています。一方の有酸素運動は、酸素を使用する運動です。たとえば、ランニングや水泳やサイクリングなど時間をかけて行う運動が当てはまります。

効率的に脂肪を燃焼するには、無酸素運動で成長ホルモンを分泌させて中性脂肪の分解を進ませ、次に有酸素運動を行いましょう。このような理由から、脂肪を効率的に燃やすには、無酸素運動と有酸素運動を上手に組み合わせることが有効といわれているのです。

脂肪にアプローチ!おすすめの施術方法

クールスカルプティング

クールスカルプティングは、効果が科学的に証明された医療痩身治療です。

アメリカFDAで承認され、2017年に日本国内でも厚生労働省の承認を受けました。

クールスカルプティンは脂肪を「凍らせる」というアプローチで痩身を目指します。

脂肪細胞は皮膚や筋肉と違って-4度で凍る性質があります。クールスカルプティングは痩せたい部位の脂肪細胞だけ凍らせるため切開はしません。凍った脂肪細胞は数週間~数ヶ月で自然に体外へ出ていきます。脂肪細胞の数が減ることで、気になる部位の痩身が期待できるのです。

ウルトラアクセント

ウルトラアクセントは、超音波と高周波を組み合わせた施術です。世界初の横波の超音波が脂肪細胞だけ共振させます。共振させられた脂肪細胞は膜が壊れて中身の脂肪が外へ溶け出します。

溶け出した脂肪に対し、今度は40.68MHzの高周波でアプローチ。液状化した脂肪やセルライトなどの老廃物は、リンパや血流を通って尿や便となり外へ出ていくのです。同時に、熱により収縮とコラーゲンの発生が促されるため、脂肪が出た部位の皮膚が引き締まります。

ライポソニックス

ライポソニックスは「HIFU」という特殊な超音波を使った痩身治療です。特殊な超音波のエネルギーを1点集中で照射。脂肪細胞は超音波のエネルギーを受けて壊れます。

HAIFUは皮膚や血管や筋肉や骨といった重要な組織に負担を与えません。脂肪組織だけに反応します。超音波のため、脂肪吸引のようにメスで切開することもなく継続的、定期的に治療を受けなくてもかまいません。ダウンタイムやリバウンドのリスクも少ないとされている治療法です。

脂肪溶解注射(BNLS

脂肪溶解注射は、脂肪を分解する注射です。小顔や顔やせを筆頭に、ふくらはぎ、二の腕、お腹などの部分痩せでも使われています。脂肪溶解注射のBLNSでは脂肪分解だけではなく、血管の強化、リンパの循環、肌の引き締めが期待できます。

血流やリンパの改善が期待できるため、溶けた脂肪や老廃物が外に出て行きやすくなり、通常の脂肪溶解注射よりも効果が早いといわれているのです。成分も植物由来がメインのため安全性の面でも期待でき、ダウンタイムなども少ないとされています。

脂肪吸引

脂肪吸引は「カニューレ」という医療器具を使い、皮下脂肪組織から脂肪細胞を吸い出す施術です。カニューレの挿入は、メスで皮膚を切開しなければならないため、外科手術になります。一般的に、切開するのは目立たない部分です。

カニューレを挿入し、次に「チューメセント」という止血剤と局所麻酔薬を混ぜた薬剤を注入し脂肪を吸引しやすくします。そしてカニューレを使って脂肪を吸引していくのです。

ダウンタイムがあり「むくみ」「痛み」が起き、人によっては歩行が困難になるレベルです。圧迫下着も着用しなければなりません。また、医師の技術力が反映しやすいのも注意点です。熟練医師や実績のある医師に施術を依頼したほうが無難でしょう。

       
東京でクールスカルプティングの
初回費用リーズナブル
同時複数箇所施術できるのは
この3院!
           

より効率的に部分痩せを叶えるために、クールスカルプティングの1サイクルの初回価格と、同時施術ができる箇所の数を比較して、東京のおすすめクリニックを3院選出しました。
いずれも、1サイクル約35分で施術が可能な新型アプリケーター「クールアドバンテージ」が導入されていて、2ヵ所以上の同時施術が可能です♪

レジーナ
クリニック

初回価格(1サイクル)

40,000円(税別)

※1サイクルのみのトライアル価格
※2サイクルめは62,000円

同時に施術
できる箇所

2ヵ所

2ヵ所施術に掛かる時間:35分

                   

レジーナクリニックの
公式サイトで詳細を見る

TEL:03-6304-5867

電話で問い合わせる
03-6304-5867

                   

アクセス:各線「新宿駅」東口より徒歩4分

リッツメディカル
クリニック

初回価格(1サイクル)

40,000円(税別)

※モニター価格
※2サイクルめ以降も40,000円

同時に施術
できる箇所

4ヵ所

4ヵ所施術に掛かる時間:35分

                   

サイトで詳細を見る

TEL:0120-858-226

電話で問い合わせる
0120-858-226

                   

アクセス:各線「表参道駅」B2出口より徒歩1分

クミコ
クリニック

初回価格(1サイクル)

65,000円(税別)

※トライアル価格なし。通常料金
※2サイクルめ以降も65,000円

同時に施術
できる箇所

2ヵ所

2ヵ所施術に掛かる時間:35分

                   

クミコクリニックの
公式サイトで詳細を見る

TEL:0120-001-935

電話で問い合わせる
0120-001-935

                   

アクセス:東京メトロ日比谷線「日比谷駅」
A4出口より徒歩1分

クールスカルプティングの施術について:クールスカルプティングは、FDAで安全性が認められ、厚生労働省も認可している脂肪冷却による医療痩身。一般的な費用相場は、1サイクル4万~20万円程度。施術後1~2週間ほどはチクチクとした痛み・筋肉痛のような痛み・赤みなどが出ることもありますが、施術自体のダウンタイムはほぼないとされています。施術は多くの場合1回で終わるため、多くの場合通院の必要はありません。副作用・リスクとしては、稀に内出血、痣、しびれ、めまい、色素沈着、皮下脂肪の部分的な増加などが起こる場合があります。
副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安や疑問に思う点については、医師にしっかりと確認をし、施術を検討することをおすすめします。